2009年12月11日 (金)

三浦大根

 12月の師走の時期になると、いつも楽しみにしている野菜がある。「三浦大根」もそんな楽しみにしている野菜のひとつである。

 生産地は、神奈川県三浦市と横須賀市である。

 神奈川県三浦半島は、海に囲まれ、太陽の光を一杯浴び、冬でも温暖な気候と大根作りに適した土壌に恵まれ、有機肥料を中心に育てた大根の生産は100年余りの歴史がある。辛みの他に甘みが強く、水分が多く、生食から煮物まで幅広く利用できる。

 かつて白首の「三浦大根」が主流であったが、昭和50年代の終わりに青首大根への転換が進み、今では全体の1%程度の生産量となっている。現在は、小~中の根の上部が淡緑色の青首大根が生産の主流となっている。

 平成4年に「かながわブランド品」に登録され、国の指定産地となっている。

 「三浦大根」は、何の料理にしても美味しいが、私は「豚バラ肉と三浦大根の煮込み」や「ぶり大根」などの煮物が一番好きである。煮物にして多めに仕込んでおいて味をしみ込ませて食べるのが堪らなく好きである。

 今年は、神奈川県から離れてしまったので産地から取り寄せて煮物を作りたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

下仁田ねぎ

 毎年、冬になると美味しいネギが出てくるのを楽しみにしているが「下仁田ねぎ」も、そんな楽しみにしている美味しいネギのひとつである。

 「下仁田ネギ」は、言わずと知れた群馬県甘楽群下仁田町周辺が生産地である。

 一般のネギより太く短いのが特徴で、煮物にすると甘みが多い。出荷時期は11月20日頃~12月末までで贈答用としても出荷される。贈答用は、大・中・小箱詰め合わせやや、こんにゃくとのセットもあるらしい。

 名前の由来は、下仁田地方で産出される為である。

 この「下仁田ネギ」は、一般的には鍋で食べるがソテーをしてフレンチにしてみたり、イタリアンでおしゃれにパスタやマリネにしても最高の味わいである。

 今が旬なので、思う存分満喫したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜産のヤーコン

 最近、秋田に関するブログの方に集中しすぎているが、こちらも頑張って書き続けて行こうと思う・・・毎回同じ事書いてるな。。。

 先日、カミさんの実家から野菜をたくさん頂いた。カミさんの実家は農家さんなので定期的に野菜を頂いている。その中に「ヤーコン」があったのでサラダにして食べた。毎年思うが、カミさんの実家から送られてくる「ヤーコン」は本当に美味しい。カミさんのおじいちゃんが作る野菜はべらぼうにうまい。

 「ヤーコン」は、ビタミンA、カルシウム、リン、ビタミンC、カリウムなどと言った重要な栄養素がほかの野菜と比べて多く含まれており、繊維も豊富である。そのうえ、100g当たり54kcalと低カロリーである。また、腸内免疫力を高め、ビフィズス菌を増やし、便秘の解消を促すと言われているフラクトオリゴ糖も多量に含まれている。南米のアンデス、ペルーとエアクアドルが原産地である。キク科の植物で、その根茎の大きさや形は、ダリヤによく似ている。

 従来の根茎類と完全に異なるのは、生でも食べられるという事である。生で食べると適度な甘さと、シャリシャリとした梨のような歯ごたえと味覚がある。また、熱を加えて調理すると、レンコンのような味覚となり、果実と野菜の両方の味を持った植物である。

 私は、「ヤーコン」は福島県の郡山市にて栄養士をやっていた叔母に聞いて知った野菜である。その頃は、「ヤーコン」なんて未だ誰も知らない頃で「面白い野菜だなぁ」と思ったのを覚えている。その当時福島県では栽培していたらしい。

 東北では、岩手県陸前高田市産の「ヤーコン」が有名である。

 たくさん頂いたので今年も「ヤーコン」をいろいろな料理で楽しめそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

ガトー・フェスタ・ハラダ・のラスク

 先月、群馬に住んでいる友人から「美味しいお菓子」を頂いた。この友人は、「ベジタブル&フルーツマイスター」の資格を取る時に親しくなった仲間の一人で私の結婚式にも参加してくれた素敵な女性である。

 女性の友人から贈り物を頂く時というのは、とても期待感に胸が膨らむ。男性よりも女性の方がセンスが良く、こちらが驚くものを送ってくれる事が多いからである。

 案の定、今回も期待以上の贈り物であった。

 「ガトー・フェスタ・ハラダ」のラスクである。若かりし頃池袋のデパ地下で見かけた事があったのを記憶しているが、実際に食べた事はなかった。今回、頂いた「ラスク」を食べてあまりの美味しさに思わず唸ってしまった。

 ベーシックなラスク「グーテ・デ・ロワ」、ホワイトチョコレートでコーティングされた「ホワイトラスク」、ショコラでコーティングされた「プレミアム」と3種類あるのだが、びっくりするほど美味しい!!群馬県は、「キャベツ」や「下仁田ねぎ」のイメージが強かったが私の脳裏に「ガトー・フェスタ・ハラダのラスク」も刻まれた。

 「正直言ってこんなに美味しいラスクがあるとは思わなかった。」というくらい衝撃的であった。

 またひとつ美味しい食べ物を知って幸せな気持ちになった。日本全国各地に友人を持っていて良かったと改めて思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

ハナサキガニ

 最近、というか長い間であるが、このブログをアップしていない。忙しいのである。しかし今月の頭に奮起して頑張って書こうと思い直した・・・が、もう1個のブログ「とっぴんぱらりのぷ~」はアップしているが、こちらは書いてない・・・頑張って書こうと思う。

 先月の半ばに、夏休みを利用してカミさんと北海道に行ったが、その際に「小樽」で「ハナサキガニ」と「ホタテ」を買って家に送った。そんな訳で、今日は「ハナサキガニ」について書こうと思う。

 「ハナサキガニ」は、カニの中では珍しく夏が旬である。観光客の口コミから人気が出た事で知られているカニである。意外と知らない方が多いが、大変美味しいので食べた事が無い方は是非食べてほしい。

 旅行から戻ってきてから食べたが、身がプリプリとして美味しかった。やはり、カニも旬なモノに限る。カミさんもめちゃくちゃ喜んでいた。

 「ハナサキガニ」を食べて、心にも花が咲いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

夕張メロン

 長いこと忙しくて遠ざかっていたブログ。再会したいと思う・・・・・と、いうか頑張って書きたい。最近、秋田に転勤した影響もあって、もう片方のブログ「とっぴんぱらりのぷ~」に比重がかかっている・・と、言いつつ忙しくて両方長いこと書いていなかった・・。とにかく、頑張ろうと思う。

 久しぶりのブログの話題であるが、先月半ばにカミさんと行った北海道の話を書きたいと思う。

 秋田に転勤した際に、カミさん約束したことの一つに北海道に連れていくというのがあった。その為に、まずは夏休みを利用して約束を果たした。

 4日間滞在して色々なところに行ったが、2日目に砂川サービスエリアで買った「夕張メロン」は思い出の中でもかなり大きなウエイトをしめる。

 2日目に「旭山動物園」に向かっ高速道路を走っている途中で砂川サービスエリアに立ち寄った。その際に旬の「夕張メロン」が箱売りされていた。

 その中から間違い美味しいと睨んだ箱を買って秋田に送った。すぐ食べたい食いしん坊の私は熟したメロンを買って送った。

 家に帰ってから食べたが甘くて最高の味であった。実家と妹のとこにも送りつけてやったが、「美味しい!!」と絶賛であった。

 夕張メロンは、アールスフェボリットにスパイシーを交配して育成した一代雑種である。果皮は、きれいなネットで被われ、果肉はオレンジ色で甘く、香りがある。肉質はまろやかで多汁である。日もち性も良い。いわずもがな夕張市の特産品である。贈答用としても人気がある。

 今年の初メロンは「夕張さん」であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

梅酒

 最近、また梅酒に凝り始めた。その昔に一度凝っていたが「ティスティング帳」を仕事の合間に盗まれていらい、少し遠ざかってしまった・・・・・。

 しかし、ここ最近また飲み始めたら止まらなくなってしまい買い物に出かけたりマーケティング分析の為に出かけると、つい買ってしまう。

 元来凝り性なので、しょうがないといい聞かせ、カミさんにも言い訳をしてごまかしている。

 昨日も、出かけた先で2本ほど購入した。ちなみに狙っている梅酒も数多い。

 このブログでも、随時書き込んでいきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

万里の道をみず ただ万里の天をみる

 3月から、会社の人事異動で地元の秋田に配属になった。

半年前に、「万里の道をみず ただ万里の天をみる」と唱え転職した。

いつかは、地元に配属になる事もあるだろうと感じていたが実際になってみると不思議な気持ちである。

まぁ、これもいい機会であるので地元秋田を満喫しようと思う。

 もう一つのブログ「とっぴんぱらりのぷぅ~」で秋田に関する事を重点的に書いているので、そちらがメインとなると思うがこのブログでも、何かある毎に書きたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

群馬高崎にて

 少し間が空いてしまったが群馬出張最終日の話である。

 群馬には、1週間出張で滞在したが勤務最終日の次の日は休日であった。

 仕事が終わったら直ぐに帰ろうと思っていたが、カミさんから電話があり「明日群馬に乗り込むから!!」と言われたので、カミさんと高崎を散歩した。

 午前中に、カミさんと待ち合わせをし先ずは「山田かまち水彩デッサン美術館」に向った。前から一度行ってみたいと思っていたが、行ってみて感じる衝撃は大きかった。「ヒムロック」の言葉にもあるが、「この人、もう10年でもいいから生きていたら凄いことをやらかすんだろうな。」と強く感じた。

 私も、10代の頃は迸る激情を詩に綴っていた事があった。その頃の熱い心の葛藤みたいなものを思い出し懐かしく思えた。そんな10代の頃に「山田かまち」に対して思った事もあり、それを美術館のデッサンに書き込んできた。

 それを書き込む事により、自分自身の10代への哀悼の言葉としたい。

 その後は、ひたすら白衣観音を目指して観音山を登った。

 途中、清水寺の約300段の石段があったが気合いで登った。久しぶりに石段を登ったが良い運動になった。登りきった境内から見た高崎の景色は最高であった。心が洗われるようであった。

 その後、山頂でランチを食べて向かったのは「白衣観音」である。高崎駅からも見えるだけあって大きさは半端ではなかった。この街を見おろすように立っていられる「観音様」は美しさの象徴以外の何物でもなかった。ここまで、がんばって登ってきて良かったとつくづく思った。

 群馬に1週間滞在したが、とても有意義で楽しい1週間であった。機会を作ってまた行きたい街が一つ増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

群馬前橋にて

 昨日のブログでも書いたが、ただいま群馬の前橋に出張中である。仕事が夕方に終わった後は前橋駅近辺を探検している。

 今日は、天然温泉に行った。群馬といえば温泉地としても有名である。群馬に来たからには温泉に行かないと損をした気分になるであろうという事で行ってきた。

 泉質は、熱海と同じらしいが循環させず流しっぱなしにしている「こだわりの温泉」だけあって清潔感もあり素晴らしい温泉であった。体も温まり、心も体も温まった。

 温泉から上がると、ロビーには「群馬野菜コーナー」があり産直の野菜と果物が置いてあった。思わず見入ってしまった。「デルモンテの群馬産トマトジュース」があったのには興味が沸いた。地域限定との事なので「地産地消」が目的なのであろう。

 群馬が、また一歩好きになってしまった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«群馬で野菜を食べる